《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

疲れを感じさせないボルボが『ドライブの楽しさ』を思い出させてくれた(前編)


前回、「淡路・瀬戸内・尾道」を巡った、ドライブ旅行の記事が完結しました。ボルボXC40では宿泊を伴う初めてのドライブだったわけですが、そのさなかに感じたのが、『やっぱり車で色々な土地を訪れるのはは楽しい』ということ。

実は、最近ではこの感覚を忘れていたんです。以前は、どんなボロ車に乗っていても、ドライブするのは楽しかった。長距離走行に不向きな、スポーツ走行に全振りした車でも気にならなかった。でも最近は、アレルギー疾患の影響もあり、楽しさより疲労感が勝ってきて。年に1回、車と過ごす時間を作るため、旅行を企画する程度になっていたのです。

そんな自分に、「疲労を感じさせない」という武器で、ドライブの楽しさを思い出させてくれたボルボXC40。今回はそんなボルボXC40が、「どうして疲れにくいのか」について書いていきたいと思います。

 

直進安定性の高さ

ボルボXC40が疲れにくい理由。それにはまず、直進安定性が高いことが挙げられると思います。フロントヘビー、FFベースの四輪駆動ということはありますが、特にホイールベースが長くもないこのXC40にして、直進すること矢のごとし。高速道路を走行中、修正舵が必要なケースは皆無でした。

まあ、以前に乗っていたRX-7が、車重が軽いうえにフロントとリアの荷重がほぼ均等、FR駆動でもあったので、余計にそう感じるのだと思いますが。それにしても、これ以上まっすぐ走れるのかな、と思うぐらいにまっすぐ走ります。

特に秀逸なのが、明らかに積載重量オーバーのトレーラーが刻んだと思われる、ダブルタイヤの深い轍を越えた時。RX-7では、稀に修正舵を当てなければ側壁へ叩きつけられそうなほど車体を振られることがあったので常に気が抜けなかったのですが、XC40は轍など存在しないみたいに走り抜けてしまい。今でも、轍を見ると反射的にハンドルを握る手に力が入るのですが、拍子抜けするぐらいに何事も起きません。

サスペンションの出来の良さ

サスペンションの出来も秀逸です。ギャップを越えると一発で揺れが収束するのは、長距離を走るうえでは大きなアドバンテージ。身体の揺れ以上に、目線の揺れが少ないのが疲労軽減に大きな役割を果たします。

ちなみに、直進安定性の説明でも触れた轍ですが、越える時に上下動が発生しないのは、サスペンションが良く出来ているからです。斜めに走る轍を通過する時に完全なフラットさを保てるのは、直進安定性の良さだけでは語れません。これ、いったいどんなセッティングをしているんだろう。。気になるところではあります。

f:id:roid7:20200523134718j:plain