《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その6)

試乗して、印象が良かった点、良くなかった点を書いたのだから、もう終わりでは、、と思われた方。すみません、印象の良し悪しとは別に、もう少し書いておきたいことがありまして。もしかすると、購入を検討する時のご参考になるかもしれません。もうしばらくの間、お付き合いのほどを。

気になる点~「FF駆動」

ブログ主のXC40はAWD、試乗車はFF。となれば、気になるのはその特性の違いです。

今回、特に気になったのは、ステアリングを切った状態でアクセルを踏み込んだ時に、引っ張られるようにフロントが外側へ流れていくこと。

これ、FFの特性だからと言ってしまえばそれまでなんですが、PHEVはモーターで大きなトルクを瞬間的に発生するため、その度合いが大きいんですよね。ですから、試乗車をディーラーで借り出して駐車場から狭い道路に出る時、対向車線との境のポールに接触しそうになって一瞬ヒヤリとした。。

ただ、これは普段からFFに乗っている方にとっては、程度の差こそあれ予測ができる挙動。ですので、人によってはまったく問題とは感じられないかもしれません。

気になる点~「サスペンション」

XC40のサスペンションは、R-Designに装着されているものが至高、と思うブログ主。実際、このサスペンションでなければ、ここまでXC40を気に入ったかどうか。

しかし、試乗車であるPHEVには、R-Designの設定がありません。48Vハイブリッド搭載車には設定があるのになぜ?と思ってしまうのですが、売れ筋がPHEVになったら設定するのかな?そういえば、グレード設定にしてもMomentumやR-Designがないし。

今後、ラインナップが拡充してR-Designが設定されること、そして何よりR-Designに装着されているサスペンションがなくならないことを祈ります。機械式サスペンション装着車でありながら、狭いS字コーナーの切り返しでビタッと姿勢が安定するSUV、他にはなかなかお目にかかれませんので。

なお、ここに書いたのは、あくまでブログ主の好みの話です。人によって運転の仕方はまるで違うため、MomentumやInscriptionに搭載されているサスペンションに十分満足されている方もきっと多いはず。ご自分の感覚を大事にしてください。

 

試乗して気になった点、次回まで続きます。

f:id:roid7:20210829064843j:plain