《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

【トラブル発生】悲報!ボルボが誇るSENSUS、パイロットアシスト動作中に仕事を放棄する

今回は、前回記事の最後にお伝えした通り、浜名湖サービスエリアから淡路サービスエリアへ向かう途中に発生した、「トラブル」について書きます。その内容は、記事タイトルのとおり、SENSUS(注:ナビゲーションやネットワーク接続を可能にするボルボのインテリジェントテクノロジー)がパイロットアシスト動作中に仕事を放棄したこと。冷静に対処はできたものの、高速走行中だったので一瞬ヒヤリとしました。

発生状況

まず、トラブルが発生した時の状況ですが、2019年3月に開通した新名神高速道路を走行中、突然SENSUSがシャットダウン、再起動しました。回数は立て続けに2回。わずか数キロを走る間に起きた、想定外の出来事でした。

原因

シャットダウンする直前、ナビゲーションが現在の走行地点を特定できずに地図を何度も再表示していたので、処理が追いつかずにシステムがハングアップしたものと思われます。地図がネットワークを使用した自動更新方式ではないために起きたことと言えますが、十分想定可能なことなのでハングアップだけは起きないように煮詰めて欲しかった。。

影響

まず、トラブル発生時に設定していた「パイロットアシスト」は影響を受けませんでした。ステアリング操作も速度維持も問題なし。前方に車両がいなかったため追随性は確認できませんでしたが、ステアリング操作に問題がなかったことを考えると、同様に影響は出ないものと思います。

一方で影響を受けたのが「ドライブモード」。それまで「ECO DRIVE」設定で走っていたのが、SENSUSの再起動と同時に「CONFORT」へ切り替わりました。エンジン始動時と同様の設定に、リセットされたものと思います。

 

対策

ディーラーに状況を伝え、6か月点検の時に一緒に対応してもらいました。内容は、ナビゲーションの地図更新と合わせて実施したシステムのファームアップ。ディーラーに話を聞くに、事象は自車以外でも発生していたようで既に把握していた模様。まあ、リコールするレベルではないですが、ドライブモードが切り替わるのは決して小さなトラブルとは言えないし、、、連絡はしてほしかったと思います。

なお、実際にこの症状が解消されたかについては、あれ以来新名神自動車道は走っていないため確認できていません。あまり機会もなさそうだし、圏央道の最近開通した区間でも走って確認してみようかな。。

f:id:roid7:20200315075232j:plain

次回はまた、車旅の話に戻ります。