《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉕~最終回~

長かったこの旅記事も、今回で最終回となります。全25回だから、週1回更新のこのブログだと約半年か。。う~ん、何と言うか、、、あれですね。

というわけで、前回の続きから始めたいと思います。

『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』客室の問題点

まずは、以下の写真をご覧ください。

f:id:roid7:20210821081521j:plain

前回、『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』の客室には欠点がある、と書きましたが、それは上の写真でわかる、「ベッドが設置されている床とその下の床の段差」のことになります。

いや、普通に危ないですから、これ。夜中に目を覚ましてトイレに立とうものなら、足を踏み外したりして大ケガしますよ?他のホテルでもたまに見かけることがありますが、デザインのために安全性を犠牲にするのはホントにやめてほしいです。

実際、左のヒザに古傷があって、前十字靭帯が通常の4分の1ぐらいの太さのブログ主。夜中に起きた時に何もない空間に足を踏み出し、かなりヒヤリとしました。幸い垂直に脚が降りたから良かったようなものの、万一少しでも斜めになっていたら確実に救急搬送ものだった。。これ、絶対他にも転んだりした人がいるよな、、星野リゾートさん、ぜひ改善のご検討をお願いします。

 

『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』庭園

最終回なのに、苦言を呈してしまいました。お口直しに、見事に手入れされた庭園の写真を貼っていきますのでご覧ください。

まずは、部屋の窓から見下ろした奥入瀬渓流。

f:id:roid7:20210821081857j:plain

川底が浅く、水面に変化のある水の流れに心が和みます。ただ、少し距離があるため、近くに行って見ることに。

f:id:roid7:20210821082035j:plain

先ほどの写真のポイントから、少し下流になります。これがホテルの敷地内とは思えない。。さすがは星野リゾート、といった感じです。

f:id:roid7:20210821082427j:plain

庭園にあった特徴的な像。これはもしかして、かの有名な…

f:id:roid7:20210821082340j:plain

あの御方の作品ですね。

f:id:roid7:20210821082513j:plain

庭園から見たホテルの建物。この写真を最後にカメラへ収め、ブログ主はホテルを後にしました。

そして東京へ

ホテルを9時ごろにチェックアウトすると、その後はただひたすらに東京を目指しました。

とは言っても、精度の高い運転支援機能を満載する「ボルボXC40」。7時間ほどの間、ほぼ車を降りずに運転しましたが、苦痛に感じることはカケラもなく。音楽もかけずに旅の思い出を振り返ったり、道中の景色を眺めたりしながら、ゆったりとした気分でドライブを楽しみました。

f:id:roid7:20210821082553j:plain

上の写真は、途中で唯一立ち寄った前沢サービスエリアです。前沢牛の串焼きだったり、メンチカツなんかがあったらなぁ、と思ったのですが、そういったものはなく。残念ながら最後の東北グルメを飾ることは出来ませんでした。

 

以上、【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊でした。