《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

ボルボXC40のトランクルーム(トノボード収納編)

ブログ主のようにXC40で車中泊をする、、という方は数少ないでしょうが、「高さのあるものをトランクルームに積む」という方は比較的多いと思います。後席を倒して横に積むという方法もありますが、縦にしたまま積まないといけないものもありますしね。というわけで、今回は「トノボードの収納方法」の説明です。

トノボードの取り外し

最初にトノボードの奥側、フックされている部分(左右)を外します。溝に沿って固定軸を滑らせ、斜め上方向に抜き取ります。

f:id:roid7:20200705084545j:plain

ちなみに、トノボードを収納する時、難易度が高いのがこの部分です。少し固いし、女性や小柄な方だとトランクルーム側から手が届きづらい(と思われる)ので大変かも。だからといって、後席ドアを開けてシート倒し、下からこの部分をのぞきながら外す、というのも体勢的になかなかつらいので、、何度か外しているうちに、固さが取れることに期待です。

 

で、この部分が外せたら、次に テールゲートにつながるラインを外します(左右)。

f:id:roid7:20200704072307j:plain

写真のとおり、ライン上側の輪になっている部分を少し持ち上げて外すだけなので、こちらは簡単。トノボードを持ち上げながらになりますが、重さが気になることはないはずです。

f:id:roid7:20200704072727j:plain

こちらはご参考ですが、ライン下側の留め具の写真です。収納する際に取り外す必要はなく、トノボードと一緒にラインごと収納します。なお、この留め具がした「悪さ」について以下の記事に書いていますので、興味がある方はご一読のほどを。

「バックドア」と「テールゲート」、同一のものなのに表記が揺れてることにいま気がつきました。今後は「テールゲート」で統一します。

トノボードの収納

外したトノボードの収納については、苦労することはまずないと思います。フロアボードの取っ手を持ち上げて奥に折りたたみ、下の写真のようにフロア下のスペースに入れるだけ。後はフロアボードを閉じれば完了です。

f:id:roid7:20200704071806j:plain

前後の向きはそのままに、裏返しにしたうえで手前から奥へ滑らせるように入れますが、重量が軽いため大きさのわりに取り扱いは楽。

なお、フロアボードの折りたたみをブログ主は片手でトノボードを支えたまま行っていますが、どの段階で行っても良いこの工程、フロア下スペース確認の意味でも先に行っておくのが良いかもしれません(いま気がついた…)。