《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(パワーの変化)


ポールスター・パフォーマンスソフトウェアを導入して変わった点。今回は「パワーの変化」について書いていきます。

パワーに関しては、サーキットはおろかストリートでも攻めた走りをする車ではなし(注:どんな車でもストリートを攻めてはいけません)、これ以上はいらないよなぁ、と思っていたのですが、意外なところで効果を感じることができました。

数値と体感の変化

今回の導入により、パワーとトルクは以下のように変化しました。

(導入前)252PS/350Nm ⇒ (導入後)255PS/400Nm

トルクは増しているのに、パワーはほとんど変わっていません。…これ、どういうチューニングをしたんだろう。この辺りの理屈は実はよくわかっていないのですが、単純にブーストアップしたならパワーもアップしそうなものだけれど。。お詳しい方、よろしければ解説をお願いできればと思います。

で、体感の変化ですが、すべてのドライブモードでピックアップが増した感はありますが、劇的に変化した、というほどではありません。ただ、「Polestar Engineered」についてはこれまで能力を引き出す機会がありませんでしたので、試すことができたタイミングで、またあらためて報告したいと思います。

 

アクセルレスポンスの変化

アクセルレスポンスについては、すべてのドライブモードで加速が引き出しやすくなりました。元々、XC40はどのドライブモードで走行していてもアクセルを深く踏み込めばきちんと加速するのが美点なのですが、それがさらに明確に。これは、セッティングが変わったというより、トルクが増したことが理由だと思いますけど。

一方で、アクセルオフからオンにした時の再加速は「Polestar Engineered」を除き変化なし。高速道路ETC料金所のゲート通過後、わずかながらもどかしさを感じます。高速道路を「Polestar Engineered」で走る必要はないですからね、、やむなしといったところです。

音の変化

最後に音の変化ですが、フル加速時にエンジンルームから「シューッ」という音が聞こえるようになりました。FMラジオを流していても聞こえるこの音、何だか空気の流入音のように聞こえるんですよね。。普通加速の時は、「キィィーン」みたいなタービンの回転音が聞こえるはずなんですが。ボルボのタービンの回転音は、こういう音がするんでしょうか?

何にしても、以前に比べてブースト圧が高められていることだけは間違いないようです。

 

f:id:roid7:20201011175434j:plain