《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。

【トラブル発生】なぜそこにチケットホルダーを、、とある日の啞然


ボルボXC40は、本当に良い車です。走りも良いし、全体的な質感も高い。トラブルだって、避けようがないソフトウェアのバグ由来のものだけで、物理的なものは一切発生してないですし。そして、今回のトラブルも、内容的にはたいした話ではない、、のですが、オーナー的にはちょっと残念に思う部分があって。今回は、そのことについて書いていきたいと思います。

チケットホルダーの位置

まず、今回のトラブルの主役となった「チケットホルダー」ですが、以下の写真の通り、運転席の右前、Aピラーの付け根付近にあります。

f:id:roid7:20201114063952j:plain

これ、実はちょっと微妙な位置にあって、運転席に座った状態だとかなり手が届きにくい。。本来の使用目的が、駐車チケットを外から見えるようにするためのものなので仕方がない、とは思うものの、できればAピラーの上の方にあればいいのにな、と思っていました。ここ数年、外から見えるようにする駐車チケット、使ったことないですし。

 

そして、事件は起きた

とはいえ、せっかくあるのだからと、持ち前の貧乏性を発揮して使用していたブログ主。ただ、このチケットホルダーには少し問題があり、ここに固い駐車券をはさむとガラス面にぴったり張り付いて取りずらい。。なので、折跡がつかないようにゆるく曲げてはさむようにしていたのですが、先日、曲げるのを忘れて駐車券をはさんだ時に、この事件は起きました。

結論から言うと、ガラス面に張り付いた駐車券を爪で押すようにしてチケットホルダーから外したところ、駐車券はそのままガラス面下側とダッシュボードの隙間にするりとすべり込み、2度と取れなくなってしまい。

………。

いやいや、どうしてそんなところに隙間があるの?目いっぱい身体を伸ばさないと届かない位置にチケットホルダーがあるのだから、至近距離にこういった隙間があればトラブルの発生は想定してしかるべきでしょうに。…気づかなかったんだろうなぁ。まあ、気づかないのも、何となくわからなくはないですけど(どっちだ)。

念のためエンジンルームを確認しましたが、その場所は完全なデッドスペース。取り出すことはできませんでした。まあ、エンジンの熱で発火するようなことはない、とディーラーに確認が取れたので放置することにしましたけど、何となく気持ちが悪い。。

ちなみに、それ以降駐車券は、カップホルダー奥の小物入れに置くようにしています。チケットホルダーはお役御免、、短い間でしたが、お勤めご苦労様でした。